今回はPhotoshopを利用して写真にウォーターマークを入れる方法について解説します。

写真に簡単にウォーターマークを入れる事ができるので、ぜひ自分好みのウォーターマークを入れましょう。

スポンサーリンク







ウォーターマークとは?

まずはウォーターマークについて解説します。

ウォーターマークとは、写真に著作者情報(撮影者名やサイト名など)の記載をさします。

実際に用意してみました。

この写真の下にあるマークをウォーターマークと言います。

ウォーターマーク

方法①テキスト入力

Photoshopを開くと左にある「ツールパネル」の「テキストツール(「T」のマーク)」を選択して、写真のどこかをクリックしてください。

すると、文字が入力できるようになるので、著作者情報を入力します。

文字入力

入力が終わったら、「Ctrl+Enter」で入力を終了してください。

文字の色などは右側の「文字ウィンドウ」で修正できます。

入力したテキストを任意の場所に移動します。

「ツールパネル」の「移動ツール(十字矢印のマーク)」をクリックしてください。

移動ツールを利用して、先ほど入力したテキストを移動します。

移動ツールでテキストを移動

テキストを任意の場所に移動したら、「文字」ウィンドウから好きなフォントに変えましょう。

フォントを変更

これで完了です。

Illustratorのデータを利用する方法

続いてはIllustratorを利用する方法です。

Illustratorでウォーターマークを作成すると様々なイラストや図形を簡単に作成できます。

Illustratorで作成したイラストをコピーして、Photoshopに貼り付けたら完了です。

その際にスマートオブジェクトで貼り付けてCCライブラリに追加すると、後からウォーターマークをつける際にIllustratorを開く必要がありません。

イラレからコピペ

透過画像を使う方法

最後にあらかじめ作っておいた透過画像(PNGなど)を使う方法です。

透過画像のあるフォルダからPhotoshopにドラッグ&ドロップをすれば完了です。

ドラッグ&ドロップ

あとは、大きさを整えましょう。

まとめ

今回は、Photoshopを使って写真にウォーターマークを入れる方法についてでした。

ウォーターマークを入れる方法

・テキストを入力
・Illustratorからコピペ
・透過画像をドラッグ&ドロップ