オブジェクトを左右反転させる方法~Adobe Illustrator 2022~

今回は、イラストレーター で上下・左右に反転される方法をご紹介します。

オブジェクトを左右反転させてデザインを作成しましょう。

目次

オブジェクトを上下・左右に反転させる方法

オブジェクトを左右反転させる方法はオブジェクトの「変形」を利用します。

まずは、反転させたいオブジェクトを「選択ツール」で選択をします。

選択ツールで反転したいオブジェクトを選択
選択ツールで反転したいオブジェクトを選択

Illustratorの選択ツールの使い方は、解説記事を用意してありますので、ご覧ください。

反転させたいオブジェクトを選択したら「右クリック」をします。

右クリックをすると、様々な要素が表示されますが、今回は、変形を使用します。

変形の部分にマウスオーバーすると、変形のメニューがそれぞれ表示されるので、その中の「リフレクト」をクリックします。

リフレクト
リフレクト

左右反転させる方法

左右反転
左右反転

オブジェクトを左右反転させる場合は、リフレクトをクリックした後のメニューで「リフレクトの軸」を「垂直」にして「OK」をクリックすると左右反転させることができます。

左右反転させた図
左右反転させた図

上の画像は、テキストを反転させていますが、もちろんパス、画像データも同様の方法で反転させることが可能です。

パスを左右反転させた図
パスを左右反転させた図

上下反転させる方法

上下反転
上下反転

オブジェクトを上下反転させる場合は、リフレクトをクリックした後のメニューで「リフレクトの軸」を「水平」にして「OK」をクリックすると上下反転させることができます。

上下反転の図
上下反転の図

このように右クリックの操作で簡単に行うことができます。

リフレクトを使用してデザインの幅を広げましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトへお越しいただきありがとうございます。管理人の田村健太です。仕事は写真撮影、動画撮影・編集、Web制作を行っています。このサイトでは簡単なデザインソフトについて解説しています。「初心者の方にもわかりやすく」をテーマに更新しています。もしわからない点がありましたら気軽にお声掛けください。

目次