Adobe Photoshop 2022でテキストをアウトライン化する方法

今回は、Photoshopでテキストをアウトライン化する方法をご紹介します。

作成中のPhotoshopのデータを他のPCで操作した際にフォントがない場合、デザインが崩れてしまいます。

そのような状況を防ぎましょう。

目次

Photoshopにテキストのアウトライン化は無い

Photoshopにテキストデータをアウトライン化する方法はありません。

Illustratorではテキストデータをパス化することにより形を保持する事ができますが、Photoshopはそもそもビットマップデータなので、アウトラインという概念がありません。

Photoshopでテキストの形を保持する方法

Photoshopでテキストの形を保持する方法は、「テキストレイヤー」を「スマートオブジェクトに変換」する方法です。

「レイヤーパネルのテキストレイヤーの上で右クリック」→「スマートオブジェクトに変換」でスマートオブジェクトにする事ができます。

スマートオブジェクトに変換
スマートオブジェクトに変換

これでIllustratorのようなテキストの形を保持する事ができます。

スマートオブジェクト化されると、レイヤーパネルが「T」から「スマートオブジェクトのレイヤーサムネイル」になります。

テキストレイヤー(上)とスマートオブジェクト(下)
テキストレイヤー(上)とスマートオブジェクト(下)

まとめ

テキストの形を保持する方法
  • Photoshopにアウトライン化する機能は無い
  • Photoshopでテキストの形を保持する方法は「スマートオブジェクトに変換」
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトへお越しいただきありがとうございます。管理人の田村健太です。仕事は写真撮影、動画撮影・編集、Web制作を行っています。このサイトでは簡単なデザインソフトについて解説しています。「初心者の方にもわかりやすく」をテーマに更新しています。もしわからない点がありましたら気軽にお声掛けください。

目次