今回は、Photoshopでテキストをアウトライン化する方法をご紹介します。

作成中のPhotoshopのデータを他のPCで操作した際にフォントがない場合、デザインが崩れてしまいます。

そのような状況を防ぎましょう。

スポンサーリンク







Photoshopにテキストのアウトライン化は無い

Photoshopにテキストデータをアウトライン化する方法はありません。

Illustratorではテキストデータをパス化することにより形を保持する事ができますが、Photoshopはそもそもビットマップデータなので、アウトラインという概念がありません。

Photoshopでテキストの形を保持する方法

Photoshopでテキストの形を保持する方法は、「テキストレイヤー」を「スマートオブジェクトに変換」する方法です。

「レイヤーパネルのテキストレイヤーの上で右クリック」→「スマートオブジェクトに変換」でスマートオブジェクトにする事ができます。

スマートオブジェクトに変換

これでIllustratorのようなテキストの形を保持する事ができます。

スマートオブジェクト化されると、レイヤーパネルが「T」から「スマートオブジェクトのレイヤーサムネイル」になります。

テキストレイヤー(上)とスマートオブジェクト(下)

まとめ

テキストの形を保持する方法

・Photoshopにアウトライン化する機能は無い
・Photoshopでテキストの形を保持する方法は「スマートオブジェクトに変換」