写真を鉛筆風の絵のようにする方法~Adobe Photoshop 2022~

今回は、Photoshopを使って写真を鉛筆風の絵のようにする方法について解説します。

誰でも簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみてください。

今回、鉛筆画風にする写真はこちらです。

元の写真
元の写真
目次

鉛筆画風の作成手順

鉛筆画風の作成手順です。

Photoshopで写真を開く

写真を開く
写真を開く

まずはPhotoshopで加工したい写真を開きましょう。

写真のレイヤーを複製する

写真のレイヤーを複製する

続いてレイヤーを複製しましょう。

レイヤーの複製は、背景レイヤーが選択された状態で「Ctrl+J」で複製できます。

描画モードを覆い焼きカラーにする

描画モード
描画モード

続いて、複製したレイヤー(上層レイヤー)の描画モードを変えます。

描画モード:覆い焼きカラーにしてください。

階調を反転

階調を反転

先ほど描画モードを変更した写真の階調を反転させます。

階調の反転は「Ctrl+i」で反転できます。

写真によっては画面が真っ白になりますが、気にしなくて大丈夫です。

ぼかし(ガウス)をかける

ぼかし(ガウス)
ぼかし(ガウス)

続いて、上層のレイヤーにフィルターの「ぼかし(ガウス)」をかけましょう。

「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」でかけることができます。

ぼかしをかける際は、スマートオブジェクトにしてからぼかしをかけると、後から修正ができるので便利です。

ぼかすと、下層のレイヤーと合成されて輪郭が浮かび上がってきます。

一番鉛筆っぽい印象になるぼかし半径にしてください。

ぼかし半径の調整
ぼかし半径の調整

調整レイヤーで白黒にする

色調補正レイヤー
色調補正レイヤー

続いて調整レイヤーでレイヤー2つを白黒に表示させます。

色調補正レイヤーの「色相・彩度」を追加しましょう。

レイヤー2つを白黒にしたいので、「彩度を[-100](ゲージを一番左にする)」にします。

彩度を[-100]に
彩度を[-100]に

レベル補正で線を際立たせる

レベル補正で際立たせる
レベル補正で際立たせる

続いて、調整レイヤーのレベル補正を追加し、線を際立たせます。

プレビューをみながら感覚的に行うのですが、左のポイントを右側にずらすと暗い部分が強くなります。(正確にはシャドウ部分が黒になる)

同様に真ん中のポイントも右側にずらすと、中間調が調整されます。

逆に写真が暗すぎる印象の場合は、左にずらせば明るくなります。

レベル補正
レベル補正

レイヤー全てを選択してスマートオブジェクトに

レイヤー全てを選択してスマートオブジェクトに
レイヤー全てを選択してスマートオブジェクトに

レイヤー全てを選択してスマートオブジェクトにします。

テクスチャライザーをかける

テクスチャライザー

最後にスマートオブジェクトに「テクスチャライザーフィルター」をかけます。

「フィルター」→「フィルターギャラリー」→「テクスチャ」「テクスチャライザー」で適用可能です。

このフィルターをかけることで紙感が生まれます。

完成

完成したものがこちらです。

完成
完成

鉛筆風になりました。

比較するとこのようになります。

誰でも簡単に鉛筆風に加工することができます。

ぜひチャレンジしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトへお越しいただきありがとうございます。管理人の田村健太です。仕事は写真撮影、動画撮影・編集、Web制作を行っています。このサイトでは簡単なデザインソフトについて解説しています。「初心者の方にもわかりやすく」をテーマに更新しています。もしわからない点がありましたら気軽にお声掛けください。

目次