今回は、Adobe Photoshop CCを使用して「雲」を描く方法について解説します。

ふわふわの雲を作成しましょう。

スポンサーリンク







Photoshopで雲の作成方法

雲の作成手順をご紹介します。

雲を描きたい写真を読み込み

まずは、雲を合成したい写真をPhotoshopで読み込んでください。

今回は、この新潟駅の写真を使用します。

新潟駅 DJI OSMO ACTION

新規レイヤーを作成する

Photoshopで写真を読み込んだら、新規レイヤーを作成しましょう。

新規レイヤーを作成

描画色を黒にする

続いて、描画色を黒にしてください。

雲を作成した時の雲以外の色を黒色にするためです。

描画色を黒に

空のみを範囲選択する

雲を適用したい写真の空の部分にのみに選択範囲を作ります。

今回は、「被写体を選択」を利用して建物をざっくりと選択範囲で囲った後に、「クイック選択ツール」で微調整し、「Ctrl+Shift+I」で選択範囲を反転させました。

被写体を選択→クイック選択ツール
選択範囲の反転

雲模様フィルターをかける

最初に作成した空白のレイヤーに「雲模様フィルター」をかけます。

「フィルター」→「描画」→「雲模様1」です。

雲模様フィルター1

フィルターが適用されるとこのようになります。

フィルターが適用された図

雲のレイヤーを「スクリーン」にする

雲のレイヤーの描画モードを「スクリーン」にしましょう。

黒い部分が透過され、雲の部分だけ空に合成されます。

描画モードをスクリーンに

雲と建物の境界線をレイヤーマスクでぼかす

出来上がったイメージだと、選択範囲の境界線の部分がはっきりと別れていて不自然です。

不自然

この不自然な部分をレイヤーマスクでぼかしましょう。

レイヤーマスク

これで完成です。

空に雲を描くことができました。

完成

おまけ

より曇り感を出すには、「Camera Rawフィルター」で元写真のハイライトと彩度を下げると、より曇った印象に変えることができます。

Camera Rawフィルターの使用方法は、Lightroomの現像とほぼ同様の操作で補正が可能です。

彩度を調整した写真

BeforeAfterで比較するとこのようになります。

 

以上となります。

Photoshopで写真の天気を変えましょう。