前回はIllustratorのファイル新規作成についてのブログでした。

ファイルを新規作成すると現れるのが

「アートボード」です。

今回はアートボードに関しての記事となります。

 

スポンサーリンク







アートボードって?

まずは、アートボードって何?

というところからお話しします。

アートボードとは、簡単に言うと

「デザイン、イラストの出力範囲」です。

デザイン、イラストの出力範囲ってどういうことかというと、

Photoshopのようなクリップボードは、白い面の外側でのデザインは向きません(ほぼ不可能)が、

Illustratorのアートボードに関しては、

後で使用するオブジェクト(パスやテキストや画像など)を

いったんアートボード外に置いておく、

あるいはアートボード外でイラスト作成をした後に、

アートボード内に持ってくるなど、

ワークスペースの自由度が高いのがイラストレーターです。

そのため、アートボードの概念としては、

ワークスペースというより、出力範囲

という印象のものになります。

ゆえにアートボードは、

印刷時、web用に保存時の出力範囲というイメージです。

 

アートボードを使いこなすための注意点

アートボードが出力範囲だというイメージは伝わったと思います。

ここでアートボードの注意点があります。

それは印刷データ作成時の裁ち落としを意識してデータ作成を行わなければならないという事です。

そもそも裁ち落としとはどういうことかというと、

印刷業者にて依頼をし印刷する際に、実際のサイズ(例A4)よりも少し大きいサイズ(A4サイズ+α)

に印刷を行い、A4サイズにカットすることにより、余白が生じない(白い部分が残らない)ようにします。

なので、裁ち落とし部分にまで文字や、メインイメージをレイアウトした状態にすると、

その部分がカットされてしまい、ミスプリントのような印刷物が出来上がります。

家庭用プリンターで印刷する場合(余白が生じる)は、

アートボードぴったりにデータ作成し、印刷時に「拡大・縮小」の「用紙サイズに合わせる」を

選択すれば問題はありません。

しかし、印刷業者に依頼し、余白なしの印刷物とする場合は、裁ち落とし部分を意識したデザイン構成としなければなりません。

 

アートボードとカンバス

ここで、アートボードとカンバスを使いこなす方法をお伝えいたします。

カンバスとはアートボードの外側のグレーの部分です。

例えばポスターを作る前段階として、手書きでラフを作成して、

必要な情報を書き出します

デザインに必要な素材やアイコンを事前に準備し、カンバスに配置しておけば、

使用するときにオブジェクトを選択、配置することもできますし、

あらかじめ素材をワークスペースに置いておくことで、

必要な素材の使い忘れ等を防ぐことが出来ます。

また、イラストを描いている時の、メインパーツ(例:人物)ではなく、

サブパーツ(例:帽子や服、アクセサリー)を作成する際にアートボード無いではなく、

外側のカンバスにてデザインすることにより、仕上がりをイメージ調整しやすくなったりします。

アートボード内での作業とカンバスでの作業を使いこなすことにより、効率的なデザイン作成が可能になります。

 

複数のアートボードを使いこなす

アートボードは複数作成することが可能です。

新規作成画面から複数のアートボードを作成

新規作成の際に、右側「プリセットの詳細」内にある

「アートボード」という場所に必要なアートボードの数を入力(下図赤丸部)することにより、

任意の数のアートボードが作成されます。

アートボードに「2」と入力した場合↓

 

アートボードツールによる複数のアートボードを作成

また、左部のツール内にある

「アートボードツール」を使用することにより、

下図のような、

A3とA4のアートボードを共存させることが可能です。

アートボードツールの使用方法は、

①アートボードツールをクリック

②適当なサイズに左クリック、ドラッグ

③サイズを指定(位置を指定)

X軸、Y軸での位置調整をしなくても、アートボードツールの状態で、

アートボード内をクリック、ドラッグすれば、

感覚的にアートボードの位置調整が出来ます。

 

複数のアートボードを設定するメリット

複数のアートボードを設定するメリットについてですが、

オブジェクトの使いまわしが効くという点が最大のメリットだと思います。

例えばチラシの表裏の2種のデザインを行う際に、

「A4」2枚のアートボードを使用すれば、

パスや素材などの使いまわしが効きます。

また、チラシとポスターを作製する場合においても、同じことが言えます。

目的のデザインに対して、

複数のデザインが必要となる場合(チラシ表裏、ポスター、アイキャッチ画像など)

アートボードを複数設定すると作業効率が格段に上がります。

 

今回はアートボードに関しての記事でした。