今回の記事はペンツールの使い方です。

ペンツールを使いこなせば、さまざまな図形を作ることができ、デザインの自由度が増します。

しかし、いざ初めて使うと操作が難しくて、挫折してしまいます。

そんな、慣れるまでは難しいペンツールの使い方です。

この記事で学べること

・ロゴ作成やイラスト作成に必須なペンツールの基本について学べる

スポンサーリンク







ペンツールとは?

まずはこの画像を見てください。

一見フォントのように見えますが、フォントではなくペンツールで作った(トレースした)パスなんです。

このようにペンツールとは、任意の形のパスを自由に作ることができるツールです。

どんな時に使うの?

ペンツールは実際にどのような時に使うのでしょうか?

例えば、ロゴの作成に使います。

ロゴ作成の手順

①手書きで書いたロゴをスキャン
②イラストレーターで読み込みペンツールでトレース
③必要な形式に書き出してロゴとして利用

ロゴデータをパスデータ化させることにより、他のデザインへの素材として使用することが出来ます。

名刺やポスター、webサイトに掲載しているロゴがただ、手書きのものをスキャンしたものなんてありませんしね。

他には、イラストの作成時に使います。

そもそもイラストレーターというソフト名ですからね。

パスデータによるイラストを作成する際にペンツールがないとイラストを描くことが出来ません。

複雑な図形を作成しイラストが形成されます。

パスとは?

すでに何回か言葉の出ている「パス」とは何でしょうか?

パスとはイラストレーターで作成することのできるオブジェクトのひとつです。

Illustratorの「パス」は、ベクターデータというデータで構成されます。

ベクターデータとは、点(アンカーポイント)と点(アンカーポイント)を結ぶ線を数値データにより表示するものです。

点から点までどの角度、どの曲線でどのように進むかを数値データで表示するものなのでPhotoshopのビットマップデータ(点の集合)と違い、どんなに拡大してもくっきりとした線の状態です。

アンカーポイント、ハンドルとは?

各用語に関して実際の画像を用いて解説します。

アンカーポイントとは?

ペンツールの状態で、ワークスペースをクリックすると最初に現れる点です。

ペンツールで任意の場所にクリックし、もう一点クリックすると、アンカーポイントとアンカーポイントを結ぶ「線」が出来ます。

アンカーポイントを2点打った線

アンカーポイントをもう一点打ってみましょう。

アンカーポイントの内側(角度180°以下の部分)に塗り(色を指定していた場合)が表示されます。

ペンツールでアンカーポイントの始点をクリックすると、パスが閉じられ、下図のような図形になります。

ハンドルとは?

ハンドルとはペンツールで曲線を描く際に使用するものです。

ペンツールでアンカーポイントを指定する際に「左クリック」しますが、

左クリックした状態で、ドラッグするとハンドルが伸びます。

ハンドルを指定したアンカーポイントは、次のアンカーポイントを指定した時に、自動的に曲線になりますが、ハンドルを指定したアンカーポイントから次のアンカーポイントを指定する前に、ハンドルを指定したアンカーポイントを再度左クリックすることにより、次のアンカーポイントまでの線がまっすぐな線になります。

詳しくは下図をご覧ください。

こうして、アンカーポイントとハンドルを利用して作成する曲線を「ベジェ曲線」と言います。

ベジェ曲線を上手に描くポイントやコツ

ベジェ曲線を使いこなすのは初めての場合、非常に難しいです。

そんな時はご紹介するポイントをご覧ください。

ポイント1:Shiftを利用する

イラストレーターのさまざまな箇所でShiftを利用しますが、ペンツールを使用する際にシフトを押すとアンカーポイント①からアンカーポイント②を指定する際に次点角度が45°単位で指定できます。

また、ハンドルを引っ張る際にシフトを押すと、ハンドルの角度が45°単位で指定できるため綺麗なベジェ曲線を描くことができます。

ポイント2:ハンドルの端が、隣り合わせのハンドルの延長線上を越さないようにする

ハンドルの端が、隣り合わせのアンカーポイントのハンドルの延長線上を超えると、変に歪んだ図形となり汚い図形となります。

ポイント3:アンカーポイントを少ない状態で図形を作ることを意識する

一つの図形を作る際にアンカーポイントが多ければ多いほど歪みが生じやすくなり、少なければ少ないほど、スムーズな線でできた図形になります。

また、アンカーポイントを少なくすることを意識することにより、ペンツールの上達に繋がります。

実際にチャレンジしてみましょう

上達するにはチャレンジあるのみです。

「インターネットなどでハートマークやさまざまな図形を探し、ペンツールを使ってトレースしてみる」

という練習を繰り返し行うことで、ペンツールマスターに近づきます。

どんどん練習して、マスターしましょう。