今回は、Photoshopで写真に虹を合成する方法についてご紹介します。

青空の写真に虹をかざしましょう。

スポンサーリンク







写真に虹を合成する方法

写真に虹を合成する方法は以下の手順で簡単に合成できます。

Photoshopで写真を開く

Photoshopで写真を開く

まずは、Photoshopで写真を開きましょう。

新規レイヤーを追加する

新規レイヤーを追加する

虹を描くための新規レイヤーを追加します。

新規レイヤーに「虹」のグラデーションをかける

虹のグラデーションをかける

新規レイヤーに虹のグラデーションをかけましょう。

ツールパネルの下側にある「…」の中にあるグラデーションツールを使用します。

グラデーションツール

グラデーションツールの状態で上に表示される「グラデーションピッカー」の中から「透明(虹)」をクリックしてください。

グラデーションピッカー→透明(虹)

あとは、新規レイヤーを選択した状態で、いい感じの大きさにグラデーションを作成します。

グラデーションツールの状態で左クリック、ドラッグで作成可能です。

グラデーションツール

虹のレイヤーにワープをかける

ワープをかける

先ほど作成した虹のレイヤーにワープをかけましょう。

ワープ

「編集」→「変形」→「ワープ」

ワープ

上のワープのメニューから「円弧」を選びましょう。

円弧

カーブの数値を変えると、弧の形を変えることができます。

 

回転させる(任意)

回転

写真とイメージによって、作成した虹のレイヤーを回転させてください。

描画モードをスクリーンにする

スクリーン

虹のレイヤーの描画モードを「スクリーン」にしましょう。

これで色が自然に合成できます。

ぼかし(ガウス)をかける

ぼかし(ガウス)

虹のレイヤーにぼかし(ガウス)をかけましょう。

プレビューを見ながらいい具合に調整してください。

これで虹の形が自然になります。

レイヤーマスクで下端を透明にする

レイヤーマスク

レイヤーマスクを追加して、虹の下端を透明にしましょう。

自然に合成できるように、ソフトブラシを使って透明にします。

これで完成です。

完成

まとめ

虹のグラデーションをワープをかけて、描画モードをスクリーンにし、ぼかせば完成です。

簡単に作成することができるので、ぜひチャレンジしてみてください。