今回は、Photoshopの便利機能「コンタクトシート」の使い方をご紹介します。

コンタクトシート機能を使って、画像一覧作成を時短しましょう。

スポンサーリンク







コンタクトシートとは?

コンタクトシートとは、画像の一覧を作成する機能です。

例えば、「写真を複数撮影して、どの写真を使用するか?」を先方に選んでいただく際などにとても便利です。

素材用の写真を撮影する際は、たくさんの写真を撮影すると思いますが、そのたくさんの写真を先方に送るより、見やすく一覧になっていた方が選んでもらいやすいですよね。

また、一覧を作成することによって、写真を選ぶ際のミーティング時に簡単に印刷して複数人で選ぶことも可能です。

このように「コンタクトを取る際のシート」がコンタクトシートです。

コンタクトシート作成手順

コンタクトシート作成は以下の手順となります。

複数の写真を一つのフォルダにまとめる

まずは、画像一覧を作成する写真を一つのフォルダにまとめましょう。

100枚規模の写真の場合は、20枚ずつ5つのフォルダに分けるなど、画像一覧内に表示するファイル数を選んで、フォルダにまとめましょう。

また、写真一覧は行列で表示されるので、4列5行合計20枚など、キリのいい枚数にすると一覧が綺麗に表示されます。

今回の写真は、12枚の写真を用意しました。

フォルダを用意

Photoshopを開く

写真のフォルダの準備ができたらPhotoshopを開くましょう。

ファイルの新規作成等の必要はありません。

コンタクトシート作成

続いてコンタクトシートの作成をしましょう。

「ファイル」→「自動処理」→「コンタクトシートⅡ」をクリックしてください。

コンタクトシート

コンタクトシートの設定をする

メニュー

「ソース画像」の部分では、「選択」ボタンをクリックして、用意したフォルダを指定しましょう。

「ドキュメント」の部分は、「画像一覧ファイル」の設定です。
A4サイズの画像一覧を作成したい場合は、幅:210mm、高さ:297mmに設定すればOKです。
ただ、なぜか初期設定がcmなので気をつけてください。

「サムネール」の部分は、画像の一覧をどのように表示するかの設定です。
表示したい行列の数値を設定しましょう。今回は、列を3、行を4に設定しました。

あとは、ファイル名を表示するフォントを設定すれば完了です。

全ての設定が終わったら、右上の「OK」をクリックしましょう。

処理終了まで待つ

あとは、自動作成処理が終了するまで待ちましょう。

少し時間がかかります。

ワークスペースがピクピク動いていますが、働いている証拠なので、そのまま待ちましょう。

処理が終了したら、完了です。

完成したもの

完成した画像一覧

こちらが完成した画像一覧です。

ファイル名も表記されるため、選んでもらった際に、使用するファイルを簡単に検索できていいですね。作業がかなり捗る機能です。

コンタクトシートをうまく使って作業の生産性を向上させましょう。