今回は、Photoshop Fixを使った顔のパーツの補正方法です。

写真の顔のパーツを自動認識してパーツごとに補正できる便利な機能を使いこなしましょう。

また、補正には「顔を認識できる正面を向いた写真」が必要です。

今回は下の写真を利用しました。

 

スポンサーリンク







スマホアプリ「Photoshop Fix」を開き、写真を読み込む

まず最初にPhotoshop Fixを開いてください。

新規ファイルの作成、写真の読み込みを行います。

 

①アプリを開いたら、右上の+マークをタップしてください。

②フォルダーから写真を選択する

今回はカメラロールの写真を利用するので、「iPhoneから」をタップ

編集したい写真をタップして写真を読み込みましょう。

 

ゆがみツールで顔のパーツを補正する

写真が読み込めたら実際に補正を行います。

①写真を読み込んだら下のツールメニューから「ゆがみ」をタップします。

②ゆがみツールのメニュー一番右の「顔」をタップする

顔をタップしたら、補正ができる顔のパーツ部分が白い丸で囲まれます。

実際に補正できる場所は以下の通りになります。

額と顔全体

一番上のおでこの部分にある白丸をタップすると、「額」「顔のゆがみ」「幅」を補正できます。

続いては目の補正です。

目の補正は、「距離(左右の目の距離)」「サイズ」「傾き」「高さ」「幅」を補正できます。

続いては鼻の補正です。

鼻は「幅」「高さ」の補正が可能です。

続いては口の補正です。

口は「上唇」「下唇」「笑顔(口角の上下)」「幅」「高さ」を補正可能です。

頰・顎

続いては、頰と顎の補正です。

「顎の輪郭」「顎」「頰」の補正が可能です。

 

それぞれ任意のパーツを補正することが可能です。

 

補正の方法

実際に補正をしながら解説します。

顔全体の幅を補正

一番上の白丸をタップして「幅」をタップします。

すると上下に動かせるゲージが出現します。

上に補正すると「幅」が広がり、下に補正すると「幅」が狭まります。

下の写真のようになります。

 

目の傾きを補正

同様に目の傾きも補正してみます。

目の部分の白丸をタップして、「傾き」をタップします。

ゲージを上に補正すると目がツリ目になり、下に補正すると目がタレ目になります。

顎の輪郭の補正

続いて顎の輪郭の補正を行います。

顎の白丸をタップして、「顎の輪郭」をタップします。

ゲージを上に補正すると顎の輪郭がふっくらし、下に補正すると顎がシャープになります。

 

このように任意の場所を感覚的に簡単に補正することが可能です。

プロフィール写真を盛るアプリケーションは、アプリのコピーライト・ウォーターマークが入ってしまうものがありますが、Photoshop Fixなら、補正アプリを使ったことがわからないくらい自然に盛れてコピーライトも表示されません。

まさにプロフェッショナルの為のソフトです。

このようなアプリがスマホで利用できるのは素晴らしいですね。

今回は、Photoshop Fixを利用した、顔の補正方法でした。