今回は、Photoshopを使用して、輝くネオン風の文字の作り方をご紹介します。

レイヤースタイルを使用して作成するだけなので、誰でも簡単に作成が可能です。

スポンサーリンク







テキストを入力する

テキスト

まずは、テキストを入力しましょう。

今回は「NEON」と入力しました。

もちろん、イラストレーターで作成したベクターデータでも問題ありません。

基本的には、「白色」で作成するとネオンっぽくなります。

レイヤースタイルを適用

先ほど作成したテキストレイヤーをダブルクリックして、レイヤースタイルを適用しましょう。

それぞれ、カンバスサイズなどの大きさによって、適したサイズが異なりますので、サイズはプレビューを確認しながら調整してください。

ベベルとエンボス

ベベルとエンボス
ベベルとエンボス

スタイル「ベベル(内側)」
ハイライトのモード「スクリーン」
シャドウのモード「乗算」
光沢輪郭「ローリングスロープ(下向き)」

こちらで適用してください。

また、ハイライト、シャドウの不透明度は薄めが良いと思います。

こちらもプレビューを見ながら変更してください。

光彩(内側)

光彩(内側)
光彩(内側)

描画モード「乗算」
カラー「適用したいネオン色」

サイズの調整は、「文字の白い色が若干残るくらい」に設定すると良いです。

光彩(外側)

光彩(外側)
光彩(外側)

描画モード「スクリーン」
カラー「適用したいネオン色」

不透明度は100%で問題ありませんが、プレビューを見ながら好きなように調整してください。

ドロップシャドウ

ドロップシャドウ

ドロップシャドウを任意で加えてください。

こちらは必須ではありません。

今回は、壁の上にネオン風のデザインを配置するため、ドロップシャドウをつけました。

文字の輪郭で作成した時

文字の輪郭

上の画像のように文字の輪郭でネオン風を作成したい場合は、以下の手順で作成できます。

手順

1:テキストを入力(太めのフォントが良い)
2:レイヤースタイル境界線を適用(位置:中央)
3:テキストレイヤーの塗りを0%にする
4:テキストレイヤーをスマートオブジェクトに変換
5:先ほどの手順でスマートオブジェクトにネオン風のレイヤースタイルを適用する

この手順で作成可能です。

真似するだけで簡単にネオン風のデザインが可能です。

ぜひチャレンジしてみてください。