【グルグル】Adobe Illustrator 2022で渦巻きを作る方法

今回は、イラストレーターで渦巻きを作成する方法に関してご紹介します。

渦巻きを作成する方法はペンツールで作成する方法を除くと2種類あります。

目次

スパイラルツールを使用する方法

スパイラルツール
スパイラルツール

最初は、スパイラルツールを使用する方法です。

直線ツール等と同じ場所に「スパイラルツール」があります。

これを使用すると簡単に渦巻きを作ることができます。

スパイラルツールを使用している状態で、左クリックをしながらドラッグをするか、任意の場所で左クリックをすると作成することができます。

マウス左クリックドラッグで作成
マウス左クリックドラッグで作成

左クリックをした場合は、他のツール同様、「半径」「円周に近く比率」「セグメント数」「スタイル」を選択してOKで作成できます。

スパイラルツール
スパイラルツール

これで渦巻きの作成が完了です。

同心円グリッドツールを使用する方法

同心円グリッドツール
同心円グリッドツール

同心円グリッドツールで渦巻きを作成します。

渦巻きを作るに当たって、円弧の分割は必要ないので数値を0にします。

渦巻き作成手段
  • 同心円グリッドツールでワークスペース上で左クリック
  • 同心円の分割:「任意の数」 円弧の分割:「0」で作成
  • ダイレクト選択ツールで下半分を消す
  • 上半分を複製して渦巻き状のパスを作る
  • Ctrl+8で複合パス化

作成手順はこのようになります。

作成手順
作成手順

このように簡単に渦巻きを作成することができます。

今回は、スパイラルツールと同心円グリッドツールを利用して渦巻きを作る方法に関してでした。

また、作成した渦巻きのパスの上に文字を入力する場合は、先日ご紹介した円状の文字の書き方と同様の手順で作成できます。

文字入力は、こちらをご参照ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトへお越しいただきありがとうございます。管理人の田村健太です。仕事は写真撮影、動画撮影・編集、Web制作を行っています。このサイトでは簡単なデザインソフトについて解説しています。「初心者の方にもわかりやすく」をテーマに更新しています。もしわからない点がありましたら気軽にお声掛けください。

目次