今回は、動画に雨を降らせるエフェクト、Adobe After EffectsのCC rainfallの使い方をご紹介いたします。

CC rainfallもアフターエフェクツにデフォルトで搭載されているエフェクトなので、誰でも簡単に適用できます。

スポンサーリンク







CC rainfallのイメージ

今回も解説動画の冒頭にCC rainfallの適用イメージをご紹介しているので、ご覧ください。

CC rainfallの使い方

今回は、動画にエフェクトを適用しています。

もちろん平面レイヤーや写真にも適用することもできます。

平面レイヤーの作り方は前回の動画「CC snowfallの使い方」で解説していますので、そちらをご覧ください。

エフェクトを適用したい動画をドラッグ&ドロップ

ドラッグ&ドロップ

まずは、エフェクトを適用したい動画ファイルをドラッグ&ドロップします。

これでレイヤーに動画が追加されます。

エフェクトをドラッグ&ドロップする

エフェクトパネル内の「シュミレーション」フォルダの中にある「CC rainfall」をコンポジションパネルにドラッグ&ドロップします。

CC rainfallをドラッグ&ドロップ

これでエフェクトが適用されます。

エフェクトコントロールで雨を調整

エフェクトコントロールで雨のエフェクトを調整します。

エフェクトコントロール

・Drops:雨の量の調整
・Size:雨の大きさの調整
・Scene Depth:深度の調整
・Speed:落下スピードの調整
・Wind:風の調整
・Variation % (Wind):風のバリエーションの調整
・Spread:雨の広がりの調整
・Color:雨の色の調整
・Opacity:色の透明度の設定
・Transfer Mode:雨の描画の設定

これらのエフェクト調整をプレビューをみながら調整して完成です。

まとめ

エフェクトを使って簡単に動画に雨を降らせる方法でした。

動画に雨を降らせて印象を変えましょう。