今回は、Premiere Proを使用して、動画の彩度を上げる方法に関してご紹介します。

最近では、動画機材にHDR録画などがあって、撮影時に色鮮やかにすることはできますが、Premiere Proで補正すれば、簡単に色合いを調整することができますので、チャレンジしてみましょう。

この記事で学べること

・動画の色合いを鮮やかにすることができる
・彩度の調整方法が学べる

スポンサーリンク







Premiere Proで動画を読み込み

まずは、調整したい動画をPremiere Proで読み込みましょう。

Premiere Proの基本的な使い方は、解説記事を用意してありますのでそちらをご覧ください。

今回は、BBQをした時の動画を用意しました。

読み込んだ画像がこちらになります。

BBQ動画

拡大してみるとわかりますが、動画の彩度が低いため、美味しそうには見えません。

拡大

なので、この動画の彩度をあげましょう。

彩度を上げる方法

彩度の上げ方

・動画にエフェクトの「プロセスアンプ」を適用
・エフェクトコントロールから「彩度」を調整

まずは、動画に「プロセスアンプ」エフェクトを適用しましょう。

プロセスアンプ
プロセスアンプ

「エフェクト」
→「ビデオエフェクト」
→「色調補正」
→「プロセスアンプ」

エフェクトは、かけたいエフェクトをタイムライン上のクリップにドラッグ&ドロップすればOKです。

プロセスアンプをドラッグ&ドロップ

エフェクトコントロールの「プロセスアンプ」内にある彩度の数値を上げると、動画が色鮮やかになります。

逆に彩度の数値を下げると色があせます。

今回は、数値を「200」にしてみました。

するとこのようになります。

彩度200

拡大するとこのようになります。

拡大

比較すると以下のようになります。

 

簡単に彩度を調整することができました。

自然を撮影した動画や料理を撮影した動画など、色の鮮やかさが要求される動画も多いと思います。

Premiere Proでサクッと彩度をあげましょう。