プリセットファイルのエラーの対処方法と読み込み方法~Adobe Premiere Pro 2022~

プリセットファイルエラー

今回はPRFPSETファイルを読み込んだ時に「サポートされていないファイル形式です」と表示されて読み込めない時の対処方法です。

ダウンロードしたプリセットファイルがうまく読み込めない時は、ぜひご覧ください。

目次

プリセットファイルが読み込めない原因

ファイル読み込みエラー
ファイル読み込みエラー

プリセットファイルがうまく読み込めない原因は以下のものがあります。

ファイルが壊れている

ファイルが壊れている場合は、うまく読み込むことが出来ません。

インターネットからダウンロードしたプリセットの場合は、再度ダウンロードしてみましょう。

読み込み方法が間違えている

初めてプリセットファイルを使用する方は読み込み方法が間違えている可能性が高いです。

Photoshopのブラシなどは、「abrファイル」をダブルクリックすれば読み込みが出来ますが、「PRFPSETファイル」はダブルクリックしても「サポートされていないファイル形式です」とエラーを弾き出して、うまく読み込めません。

多くの場合は、コチラでつまずいている方が多いと思いますので、正しい読み込み方をご紹介します。

プリセットファイルの読み込み方法

正しいプリセットファイルの読み込み方法は以下の通りです。

プリセットファイルの読み込み方法
  1. エフェクトパネルの右上のメニューをクリック
  2. 「プリセットを読み込み」をクリック
  3. プリセットファイルを選択して「開く」をクリック

エフェクトパネルの右上のメニューをクリックしましょう。

エフェクトパネル
エフェクトパネル

その中に「プリセットを読み込み」があるので、それをクリックしてください。

プリセットを読み込み
プリセットを読み込み

あとは、読み込みたいプリセットのファイルを選択して、「開く」をクリックすればOKです。

プリセットファイルを開く
プリセットファイルを開く

これが正しい読み込み方法です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトへお越しいただきありがとうございます。管理人の田村健太です。仕事は写真撮影、動画撮影・編集、Web制作を行っています。このサイトでは簡単なデザインソフトについて解説しています。「初心者の方にもわかりやすく」をテーマに更新しています。もしわからない点がありましたら気軽にお声掛けください。

目次