SEOとは?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、

『検索エンジン最適化』という意味のものです。

SEO対策をなぜ行う必要があるのでしょうか?

スポンサーリンク







SEO対策でたくさんの人に見ていただく

SEO対策を行うことで、たくさんの人に記事を見ていただくことができます。

Webサイトを閲覧する際、ほとんどの状況でGoogleやYahoo,Bing等の検索エンジンを利用すると思います。

SEO対策を行うことによって、検索エンジンの上位に表示させるようにしたり、

様々なキーワードによって検索されるようにします。

SEO対策をしっかり行い、検索されるサイト運営を目指しましょう。

 

SEO対策方法

SEO対策は大きく分けて「サイトの構造」と「文章の作り方」の2つを使い分ける必要があります。

サイトの構造でSEO対策

サイトの構造はSEO対策にもっとも重要なポイントです。

1番大切なのは、「内部リンクを豊富にする」ことです。

内部リンクとは、サイト内のリンクがサイト内に飛ぶリンクのことです。

内部リンクを豊富にすることによって、サイトの滞在時間が長くなり、良質サイトと評価されることに繋がるということと、サイトのコンテンツが豊富と判断されるので、内部リンクを豊富にすることが、SEO対策に繋がります。

「関連記事」「パンくずリスト」「ライターリンク」などを利用し、内部リンクを豊富にしましょう。

また単純に内部リンクを豊富にする方法の第一歩として、コンテンツの充実は必須項目です。

まずは記事を100件目指しましょう。

 

文章の作り方

文章の作り方でもっとも大事なのは、キーワードを意識することです。

読み手が検索しそうなキーワードを文章に盛り込んでライティングを行なってください。

また文章の文字数も大事になります。

文字数が多い記事は(最後まで読んでもらえれば)サイトの滞在時間が伸び、良質サイトとして判断されるだけでなく、

記事のキーワードも自然と増やすことができます。

記事の文字数は最低でも1000文字くらいを目安に書くといいと思います。

記事のライティングの基礎のページはコチラ(【初心者向け】ブログライティングの基礎

また、古い記事を更新して内容を新しく切り替えることもSEO対策では大事な要素です。

検索エンジンは古い情報を検索順位を下げる働きをします。

1年前のイベントの情報などが出てきてもユーザーにメリットはないですからね。

なので、「2017年注目のほにゃらら」という記事は、2018年になったら内容を修正して「2018年注目のほにゃらら」に変えるだけでもSEO対策になります。

以上がSEOの基本概念です。

 

少し前まで「外部リンク」(他サイトから自サイトへのリンク)も重要視されていたんですが、最近は「外部リンクによるSEOの影響」はほとんどありません。

公式の発表ではないので確かではありませんが、体感上影響はないと思うんです。

おそらく、外部リンクを不正に取得する悪質サイトが横行したため、外部リンクの豊富による検索優位性を無くしたのではないか?と考えられます。

実際に、私の運営する他のサイトでは、外部リンクが無いと思われるサイトで検索順位が50万件中1位の記事が存在します。

 

以上、SEOについての記事でした!