今回の記事は、これからブログライティングを始めるという方のためのブログライティングの基礎をお伝えいたします。

内容としては本当に初心者向けの内容なので、現状ライティングをしている人は、復習という意味でご覧いただけたらと思います。

スポンサーリンク







日記ではなく記事を書く

まずは日記ではなく「記事」を書く!というものです。

ブログとして、インターネット上にアップするということは、たくさんの人に見ていただくことができるようになります。

その内容が、日記のような「チラシの裏にでも書いとけよ」という内容のものだとするならば、誰も呼んでくれません。

ライティングを行う際は、「日記」ではなく「記事」を書くことがたくさんの人に見ていただける秘訣です。

「記事」を書くときに、意識することは、とてもシンプルです。

それは、

誰かの役に立つ内容を書く

ということです。

読んでいただいた方の役に立つような内容を意識して書きましょう。

 

書くことの基本「大→中→小」

記事を書き始めるときに、いきなり思いのまま書いてはいけません。

なぜならば、書いている途中に脱線してしまう可能性が高いからです。

なので、書く前にまずは、まとめましょう。

 

最初は概要を考える

何について書くのかをまずは考えてください。

当たり前ですが、ここがブレブレだと、読み手は、なんの記事かがわからず、読み始めてすぐに、前のページに戻ってしまいます。

概要に当てはまる「ターゲット」も設定しましょう。

ターゲットによって文章の書き方や表現手法が変わります。

 

タイトル(仮)を考える

次に仮のタイトルを考えてください。

タイトルは検索ページのリンク部分に表示されるもので、ユーザーはタイトルを見て、その記事を「読むか」「読まないか」を判断します。

タイトルは、一目で記事の内容がわかるものを設定しましょう。

ただし、まだ仮のタイトルでいいので、タイトルでSEOを意識するのは、あとでで問題ありません。

SEOとは→

 

見出しを考える

次は、記事の見出し(目次)を考えます。

<h2>,<h3>,<h4>です。

見出しを考えるということは、小説でいうプロットを考えるようなものです。

記事の大まかな流れを考えることにより、読み手がわかりやすい記事となります。

これも、まずは<h2>を全て考えてから、<h3>へという様に、大きい分野から考えていく様にしましょう。

 

各見出しに内容を肉付けしていく

ここからやっと内容を書いていく形となります。

あらかじめ見出しが設定されている為、スムーズに中身を書いていくことが可能です。

見出しについての中身をわかりやすく、具体的に表現していきましょう。

 

この様に大きな枠を最初に決め、小さい枠で埋めていく形をとると、伝わりやすく、読みやすい記事になります。

 

続いて内容の書き方です。

ファクトとイデオロギーをバランスよく使う

完全に内容によるんですが、ファクトとイデオロギーをバランスよく使いましょう。

ファクト:事実

イデオロギー:思想(ブログでいう所の自分の考え)

 

イデオロギーは通常政治思想などを指しますが、もともとメディア(主に新聞)を運営するに当たって普及した考えです。

ブログにおいてはもっと柔らかく、自分の考えと思ってください。

発信をするということは、ある意味メディアを運営することなので、思想、主義、主張は発信するといいと思います。

 

ファクトしかない記事は、ただのHow Toであったり、つまらない記事です。

内容にライターのストーリー性もなく、信用度も生まれず、ファンを作ることも難しいです。

 

イデオロギーばかりの記事は、内容がどうでもよくなりがちで、読み手の得になりません。

それこそチラシの裏でやってください。

という内容になります。

 

ブログ記事では、事実を伝え、自分の体験や、考え方を交えながら記載していくことにより、ファンを形成することができます。

 

自分の運営するサイト、記事のポジションをよく見定めて、バランスよく伝えていきましょう。

 

SEOを意識する

最後にSEOを意識しましょう。

SEOとは→

SEO対策を行うことによって、多くの人に記事を見ていただくことが可能です。

「良いものが売れるのではなく、売れるものが良いものだ」という言葉がありますが、まさにその通りだと思っていて、せっかく書いたものなので、たくさんの人に見てもらえる様にしましょう。

SEOを意識する上で、主にやることはタイトルの改変と、「meta description」の文章見直しです。

この2つは、「検索順位を上げる」という本来のSEO対策とはちょっと違うんですが、検索後サイトを閲覧してもらえる可能性を上げ、キーワードを引っ掛けるという目的があります。

タイトルの改変

最初に決めた仮タイトルを改変しましょう。

タイトルは内容を示すものを設定しましたね。

そのタイトル見直し再度考えます。

まず考えるのは、タイトルのキーワードは「よく検索されるものかどうか」ということです。

専門的な用語がキーワードとして入っているものと、表現を言葉にしたものによって検索結果が大きく変わります。

 

例えば当サイトでは、Photoshopの操作方法の記事も扱っていますが、

「ブラー」というキーワードと

「すりガラス風」というキーワードでは、ターゲットユーザーも変わり、検索結果数も変わってきます。

内容が初心者向けのものなので、専門の用語で検索に引っ掛けるより、表現方法で検索に引っ掛けた方が効果が高いと言えます。

ターゲットユーザーがよく検索しているキーワードに設定すると良いです。

 

タイトルに具体的な数字などがあっても検索流入の効果が高いと言われています。

「〇〇ダイエット」→「1ヶ月で3kg痩せる〇〇ダイエット」

タイトルに具体的な数字を入れただけで魅力的なタイトルに返信します。

 

meta descriptionの見直しをする

meta descriptionとはgoogleなどで検索した際に、タイトルリンクの下に表示されるページ概要のことです。

wordpressを使用している場合、プラグインの「All in SEO Pack」を導入している場合は、meta descriptionは自由に改変できます。

プラグイン導入していない場合やSEO設定で改変しない場合は、記事の冒頭の文章が自動で反映されます。

このmeta descriptionで大事なことは、検索してほしいキーワードを入れて概要を記入することです。

meta descriptionが魅力的な文章でも、検索流入は増やすことはできません。

なぜならば、その概要部分をよく読むユーザーは少数だからです。

meta descriptionをとっても魅力的な文章にすることに時間を使うくらいであったら、

meta descriptionに検索してほしいキーワードを入れながら、概要を書いた方がトラフィック数が増え効果的です。

しかし、注意しなければならないことは、キーワードの盛り込み過ぎです。

概要を示す「文章」となっていないと、

「こいつは検索流入を増やすためだけにキーワードを羅列しているな」

と自動で認識されて、SEOの評価を落としてしまいます。

単語単語を盛り込むのではなく、キーワードを使用した文章を完成させると良いです。