今回はレイヤーパネル内にある描写モードについての記事です。

スポンサーリンク







描写モード

描写モードとはレイヤーの合成方法をしていするものです。

この描写モードを変更することによりいろいろな表現をすることができます。

 

描写モードはレイヤーパネルの左上のなかから選べ、描写モードを指定した画像と下の画像が合成されます。

試しに、カラー画像(上層レイヤー)とジェリービーンズの写真(下層レイヤー)を描写モードにて合成しました。

 

【上層レイヤー】

 

【下層レイヤー】

 

【合成画像】

このように合成することが可能です。

 

通常系:通常、ディザ合成

明るい部分を透明化する系:比較(暗)、乗算、焼き込みカラー、焼き込みカラー(リニア)、カラー比較(暗)

暗い部分を透明化する系:比較(明)、スクリーン、覆い焼きカラー、覆い焼きカラー(リニア)、カラー比較(明)

全体をタイプに応じて透明化する系:オーバーレイ、ソフトライト、ハードライト、ビビットライト、リニアライト、ピンライト、ハードミックス

カラー反転系:差の絶対値、除外、減算、除算

色相系:色相、彩度、カラー、輝度

 

簡単にリストするとこのような感じになります。

描写モードは必要に応じて、レイヤーパネル内の「不透明度」「塗り」を調整しイメージ通りに合成させましょう。

 

不透明度と塗り

画像合成時に主に使う機能です。

不透明度

そのレイヤーそのものの不透明度を設定します。

不透明度100%では、完全に不透明。

不透明度50%では、ちょうど半透明。

不透明度0%では、完全に透明。

となります。

レイヤーそのものすべての透明度をしていするものなので、レイヤースタイルも含めたすべてが透明化されます。

例えば不透明度50%の境界線のついたテキストを50%不透明度に指定した場合。

50%のレイヤーの塗りと25%の境界線となります。

 

塗り

塗りとはレイヤーに存在する透明ピクセル以外の部分(そこが塗り)を不透明化させます。

塗りに関しても

不透明度100%では、完全に不透明。

不透明度50%では、ちょうど半透明。

不透明度0%では、完全に透明。

となりますが、

レイヤースタイルの不透明度は変化しません。

例えば不透明度100%の光彩(外側)のついたテキストを塗り0%に指定した場合。

0%のレイヤーの塗りと100%の光彩(外側)となります。

このように不透明度、塗りをしているることにより、画像合成することも可能です。

 

画像合成を作成、テキストエフェクトを作成したり、さまざまな場面で描写モード、不透明度、塗りをしようします。