今回はAdobe Illustrator CC2017のチュートリアル、パスファインダーを利用した、ロゴ作成の方法です。

今回の題材はアルファベットの「K」と「T」を使用したロゴ作成を行いました。

パスファインダーを利用すると、複雑な形状のパスを合体出来たり、中抜きに出来たり、切り抜き出来たりします。

パスファインダーを利用することによって、元のイメージ(形)を残した状態で、ちょっとおしゃれな形状のパスを作成できます。

スポンサーリンク







まずは手書きから

まずは手書きでイメージを描き出します。

ロゴ作成の場合は手書きで綺麗に描いてスキャナで読み取り、ペンツールでトレースし…

という作業を行いますが、

今回はテキストをメインに使ったロゴを作成するので、結構雑多に書き出し、イメージのみ描き出しました。

今回描き出したのがこんな感じ。

 

イメージを形成するフォントを選択

今回のデザインはサンセリフ系のフォントが適しています。

まずイメージに合ったフォントを探します。

イメージにピッタリのフォントを見つけたら、

左部ツールメニューの「テキストツール」を選択し、

アートボード内に左クリックし「K」と入力。

このような状態となります。

「Ctrl+Enter」をクリックし、テキスト入力を終了させます。

すると下の画像のようになります。

続いては文字をもとにデザイン作成していくので、テキストオブジェクトをパスに変換させる必要があります。

Kが選択されている状態(上の画像の状態)で

「右クリック」→「アウトラインを作成」

をクリック。

すると下の画像のようにテキストデータがパス化されます。

 

イメージ通りにパスを編集していく

Kのパスをクリックした状態で、Alt+Shift+ドラッグ(横に平行にコピー)して複製します。

ポイントをペンツールでトレースしていきます。

このようになりました。

今度は「T」のテキストデータを作成し、先ほどの手順と同様にアウトライン化し、パスデータにします。

そのまま斜め45°回転させて、Kのイメージのパスに重ねてみます。

わかりやすいようにTのパスを赤色にしました。

この状態だと、Tの下の部分がKのイメージパスと交わりません。

という事で、Tフォントの太さを変えないように長方形ツールを使用し、下の画像のようにします。

こちらの長方形2つのツールは

「パスファインダー」の「合体」を使ってひとつのパスにします。

このようになります。

 

再び斜め45°回転させてKのイメージパスに重ねると、下の画像のようにしっかりとパス同士が交わるようになりました。

 

パスファインダー「分割」で赤い部分のみ消す

最後の仕上げです。

2つのパスが重なった状態で、両方共のオブジェクトを選択し、

パスファインダー→分割

でパスを分割します。

分割後グループ解除をすると、下の画像のようにバラバラにすることが出来ます。

パスファインダーの「分割」はこのように、パスが重なる部分すべてで分割することが出来ます。

赤い部分をすべて削除すれば出来上がり。

完成!!

 

最初に作成したイメージ手書きでは感じられなかった絵心も、フォント、アウトライン化、パスファインダーを利用すればそれらしいロゴの作成が可能です。

パスファインダーを利用したロゴ作成方法でした。